糖尿病と診断されてから1年3ヶ月で克服しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3




「糖尿病」と診断され、見事に克服した
うちの父・けんじぃ(68歳)の実話です。


【けんじぃの 糖尿病 克服物語】

第一章:気が付けば糖尿病に・・

あれは2015年の12月の忘年会シーズン・・。



友人のY医師との飲み会で

「たまには血液検査でもしてみたら?」

の一声で、



ここ数十年、
血液検査をしていなかったけんじぃは
受けてみることにした。



自分は健康そのもの!と思っていたが、
結果を聞いて愕然とした・・。



検査結果は、



血糖値:146mg/dL
ヘモグロビンa1c:8.2%



正常値は、血糖値が60~110mg/dL、
ヘモグロビンは4.6~6.2%といわれている。


Y医師:「りっぱな糖尿病です」

けんじぃ:「ま、まさか!・・・」



けんじぃが一番なりたくなかった病気に
なってしまった・・。



糖尿病は、
一生治らない」「食事制限がきびしい
というイメージをもっていたけんじぃは、



「人生の楽しさの一つを奪われたような気がした」



そうです。



自覚症状がまったくなく、
「糖尿病」といわれてもぜんぜんピンと
こなかった。



ただ、
「これは一大事だ!!」とは思ったが、
これから何をどうしていいのかわからなかった・・・。



スポンサーリンク



第二章:「薬」にたよりたくない

とりあえず、Y医師にいわれるまま
血糖値の上昇を抑える薬を処方してもらい
カロリー制限食を開始した。



そんなある日、書店で「糖質制限」の
本を目にし、立ち読みした。



なんとそこには、
糖尿病克服は、「カロリー制限」ではなく
「糖質制限」だ
ということと、
「有酸素運動」が効果的だと書いてあった。



これは!!!



と思い、その本を即、購入。



2度、3度と読んでみて、
けんじぃは はたと気づく。


「そうだ・・!薬にたよらず糖質制限とウォーキングで治してみよう!」



と決意し、Y医師にも宣言した。



「ぼくは薬にたよらずに、自己流で糖尿病を克服しようと思う!」



糖質制限と有酸素運動をはじめて
1年と3ヶ月(2017年7月現在)が経ち、
「糖尿病」と診断されてから
2度目の血液検査を受けた。



検査結果は



血糖値:146が101mg/dL
ヘモグロビンa1c:8.2%が5.8%



劇的に改善されていた。



Y医師もこの数値に驚き、
けんじぃにその方法を
詳しく聞いたのだった。。。



これから、けんじぃがどうやって
糖尿病を克服したのかをすべて明かそう。

第三章:なぜ糖尿病になったのか?第四章:糖尿病とは血管障害!?放置するとどうなるの?

第五章:間違った糖質制限から始まった第六章:改善後の食生活

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)