車の運転からスピリチュアル的(精神的)な感性は磨けます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3




「運転中はそれに集中したらどう?わかると思うけど、スピリチュアル的に必要なことは、まさに自分の車の運転の中で学べるの」 /トーシャ・シルバー



トーシャ・シルバー著『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく ― 宇宙の導きにまかせよう』という本の中に書かれてあった言葉です。


この本は宇宙(神)にすべてを委ねて、
自分を全開にして生きることで
人生は上手くいくんだということを

自己の体験や生き方をエッセイにして
まとめられています。



わたし自身、車を運転しない日はないので
車の運転を通じてシンクロニシティを体験
したり、”今日の運”を確かめたりしている
だけに、このフレーズにとても共感しました。



スポンサーリンク



充分にあるという信頼

駐車場が込み合っていた時、
「空いた!」と思いバックで入れようとしました。

ハザードランプを点滅させて
ギアをバックに入れた瞬間、
別の車がスッとそのスペースへ・・。



結果わたしは駐車できず、そのスーパーを後にしました。



この時は怒ったなー・・今でも覚えています 笑。



ですが、

「流れに乗っていれば心配する必要も怒る必要もない」
と。



誰かに駐車スペースを奪われたとしても、

「べつにいいわ。
この人にはこの場所が必要なのね。
私には私の必要な場所が見つかる」
と、

自分には別の場所がちゃんと用意されている
んだと安心して待つことが大切なことのようです。



この頃は怒ったまま、不機嫌なまま
別のスーパーで買い物をしたと思います。



その時、流れに身を任せる生き方
できていたとしたら、わたしは次に行った
スーパーで、

きっとスムーズで満足のいく買い物が
できていたはず・・。



駐車スペースを奪われたからと怒るより、
わたしには別の場所があると考えること
のほうが自分にとっていい選択です。



これはいい教訓になりました。


寛大さ

実際、若い頃は”ジコチュー”なドライバーでした。

今思うと、トラブルや事故など、
けっこうイヤな思いをしてきたな、と。



でも今は、道を譲る、割り込みをさせてあげる
、そんな親切心で運転しています。



今は、逆に譲ってもらえることも増え、
信号にもツイていたりと、必ず自分に
いい形で返ってきているような気がします。



相手を思いやれる心を持つと、自分も優しく
してもらえるものなんだなと実感しています。



スポンサーリンク

現状を受けれる

事故による突然の渋滞や通行止めなど、
自分にはどうしようもないことがあります。



そんな時、イライラしたり
「わたしには○○の予定があるのに!
遅れるじゃない!!」
と文句のひとつでもいいたくなります。

でもそうすると、また次にイライラすることが
不思議と起こる・・。



だから、「これは仕方がないか」と
現状を受け入れて、その時間を楽しんでみる。



歌でも歌いながら・・。

気が付けばあっという間に時間が過ぎているものです。


豊かさ

目的地に一番近い駐車場に停めたいですよね?



でも空いていなかったらまた引き返してこない
といけないと、想像上で判断してしまったり、
この駐車場に入れておかないともうないかも
・・と思い、目的地のかなり手前の駐車場に入る・・。



そこから歩いて目的地まで行く途中、
意外と駐車場は空いていた・・
なんて経験はありませんか?



「駐車場は空いていない」と決めてかかって
いるんですね 笑。
(また引き返してくるのが面倒くさいという
心理もありますが)



これに関しては、
「せめて最初は通り過ぎて、完璧な場所が
待ちかまえていないかを確認すべきだ」
と。



「豊かさ」を制限しているのはいつも自分、
宇宙を信じていないのは自分なんだということか・・。



「自分にはいつも最高の場所が与えられる」
という宇宙への絶対的信頼をおける自分で
ありたいものです。


慈悲

慈悲とは、
仏や菩薩が人々に楽を与え、苦しみを取り除くことです。



気に入らないからとクラクションを
鳴らし続けたり、罵声を浴びせたり
文句を言ったりと、マナーの悪い
ドライバーに対して腹を立てるよりも、

「かわいそうな人だ・・小さい頃
母親にあまり愛情を注いで
もらえなかったのかもしれないな・・」

と思うと怒りは治まるらしい。



これが「慈悲の愛」・・・。



瞬間的には怒りが芽生えそうですが、
時間と共にこんな風に思えるよう
努力します・・。


平静さ

ハンドルに向かった時に
穏やかでいられることはすごく大切なことです。



怒っている状態だったり、悲しい気持ちで
運転するとき、やはり判断ミスや
アクシデントが起こりやすい気がします。



反対に、ウキウキ楽しい気持ちや
嬉しくて幸せを感じているときは、
気持ちよく道を譲れるものです。

ですが、
いつもウキウキしてるわけじゃない 笑。



大切なのはネガティブでもポジティブでもない、
ニュートラル」な状態。

それが「穏やかさ」につながるのかな
と思います。



車の運転は、ちょっと視点を変えると
意外に「自分磨き」ができる最高の場所になります。



ぜひ自己流で
「スピリチュアル」な時間を楽しんでみてください☆



宇宙にゆだねる生き方とは
どんな生き方なのかを教えてくれる本です。

Kindle Unlimited(読み放題対象)です!!

今日もお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)