長澤まさみの変化‥グッと色気が出て魅力が増したワケは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2





女優・長澤まさみさん。



2004年の映画『世界を中心で、愛を叫ぶ』で大ブレイク。

その後も第一線で活躍し続けていた。



その一方で囁かれる熱愛の噂。

彼女の魅力に引き寄せられる男は数多く、
すこし危なげな恋愛もささやかれていた。



彼女の女優活動をみていると、
実はw主演、ヒロイン役が多く単独主演が少ない。



主役級の女優なのに。



確かに・・・同世代人気女優たちとは活躍の仕方がちがう。

2014年の連続ドラマに出演したが、脇役。



正直、「もう長澤まさみはオワコンか」
と思っていた。



スポンサーリンク



長澤まさみは終わっていなかった

2017年1月、彼女がブロードウェイミュージカル『キャバレー』の舞台に立った。

彼女が演じたのは主人公の歌姫・サリーボウルズ。



まさかだった。



あの長澤まさみが露出度の高い衣装に身を包み、
大胆な演技と歌声を披露した。



その表現力は長澤まさみが長澤まさみを越えた‥
と思わせるほど。

彼女はこの作品で変化を遂げていた。



彼女の魅力を引き出したのは
この舞台の演出を手がけた松尾スズキ氏といえる。

実は彼女は松尾スズキ氏の演出を以前から受けたかったらしい。



彼女はこんなコメントをしている。

ミュージカルの出演は今回が初めてなのですが、また1つ女優として新たな一本を踏み出してみたく、挑戦することにしました。
(中略)
不安やプレッシャーも有りますが、何よりも楽しんでより多くのお客様に松尾キャバレーを見て頂きたいです。



彼女はここ数年、
女優としての自分の立ち位置、
自分が何がしたいのか、そういうことに
悩んできたのではないだろうかと思う。



女優の仕事は好きだけど、いつも
「コレじゃない感」があったのかなって。



そんな彼女が今作で自分の殻を破った気がする。



というのも、
この舞台にむけて松尾スズキ氏に彼女が言った言葉は



「なんでもやります!」



今の自分から脱皮したかった、
この作品をやってみたかった・・・

そんな思いが伝わってくる。



新たな挑戦は怖いけど、
それが自信につながるんだな。



それを見せつけられたような感じ。



新たなことにチャレンジして、
ただがむしゃらに目の前のことを
全部吸収したから長澤まさみは変化を遂げた。



グッと色気が出て魅力が増したワケはこれだ。



この舞台をキッカケに、
NYへ演技留学を視野に入れているようだ。



これから彼女が
どんな演技でわたしたちを魅了してくれるのか、
楽しみになった。

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)