お坊さんから学んだ「何もしたくない」から抜け出すための効果的な方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3





「何もしたくない・・」



そんな時期って誰にでもあると思います。

人には周期があるので、
その時期はそれぞれ違いがあります。



私個人の場合は、5月。

これって意識すると
「わたしは5月は何もしたくなくなるんだ」
って潜在意識に刷り込むことに
なってしまうので、
できれば意識しないほうがいいのですが、

わたしはもう15年くらい前に
気づいちゃってるので
「5月はヤバイ。」
と思っちゃってるんですよね・・。



今年は
「そんなはずはない。
5月だってふつうに過ごせる!」
と4月の時点で思ってはみたものの、

GW明けに
「はぁ・・何もしたくない」
とやっぱり思ってました・・。



そんな、
「何もしたくない」から「やる気」に
なる方法を、僧侶である夫から学んだので
お伝えしようと思います。



スポンサーリンク



「何もしたくない」とき、どうする?

「何もしたくない」とき、どうするか・・
SNS上では

・何もしない

・とりあえずやる

・書く(夢や目標、今の気持ちなど)

・自分に栄養を与える(心にも体にも)

という情報が多かったです。



・・毎年全部やってみた気もするけど・・。



私は主婦ですし、夫と子どもを放っておいて
「何もしたくない」の声に従い、
ずっと寝ているわけにはいきません。

ビジネスマンだって、学生だって同じ。

「何もしたくない」からと
仕事や学校を休むわけにはいかないですよね。



とりあえず、
生きていく上での必要最低限のこと、
自分の役割は果たす。

「何もしたくないから何もしない」
が許されるのは
誰にも迷惑がかからないレベルでしょう。

ということは、
「自分のこと」です。

自分の時間は好きに使えます。



わたしは悩んだときは必ず夫に相談します。



今回も
「何もしたくないんだぁ・・」
と打ち明けました。

夫は

「何もしたくない」ときは誰にだってあるよ。
そんなときは、最低限のことだけして何もしなくていいんじゃない?そのうちまたスイッチが入るさ」

とアドバイスしてくれました。



そして一つだけ大切なことを・・。

「そのボーっとしているときにひらめいたことや思いついたことは必ずメモしておくんだよ。やる気になったらそれをやりなさい」



・・なるほど・・。


ということで、今年も
「気が向かないことはしない」
日々が始まりました。


リフレッシュ休暇。

「リフレッシュ休暇」と名付けて、
わたしの「気の向くまま生活」
が始まりました。
(家事・育児はしています)



気になるテレビをとことん観たり、
眠いときには寝る、
気晴らししたいときは買い物のついでに
本屋に立ち寄ったりお茶したり。



自分を変えるきっかけにと
洋服や靴を買ってみました。

自己啓発系の本もこの20日間くらいで
10冊は読んだし‥。



目標や夢なんかも書いてみました。



全て気の向くままに。

心にも体にもたっぷりと栄養を与えたものの
わたしの「やる気」スイッチはいっこうに
押されない・・。



怠け者の自分・・
人間の脳はもともと怠け者だと聞いたことは
あったけど・・。



そしてふと思いました。



「わたしこのままいったら、
常に「何もしたくない」って思っちゃう
かも」って。



さすがにそれはヤバイ。



「そんな時期だからととことんそうしていたら
いつの間にかそんな自分になっていた」

という結末には恐怖を感じました。



スポンサーリンク



「何もしたくない」から抜け出す効果的な方法

このまま「気の向くまま生活」を続けるも、
「やる気」スイッチ押すのも自分次第



リフレッシュできたなと感じたので、
「やる気」スイッチを押すことにしました。



どうやって「やる気」スイッチを押すのか?



どうやって「何もしたくない」から抜け出すのか?



それは、夫から教えてもらったことで
わたしは抜け出しました。



わたしが「やる気」スイッチを
押すきっかけとなったのは
この期間にふと思いついたことを
メモしてたこと
でした!



そのメモに目を通した瞬間、
自分がしたいこと、新たな目標、夢・・
そのメモに書いたことを
やりたくて仕方がなくなっていました。


まとめ

「何もしたくない」
そんなときは、自分を休ませてあげることです。



心にたまったものがあるのです。



毎日「瞑想」を習慣にしている方は
「心の掃除」が常に行われているので
「何もしたくない」症状も軽いそうですが、

あれもこれもで毎日がいっぱいいっぱいに
なっているとしたら、この
「何もしたくない」という心の声に
できる限り従ってみることです。



そんなときでも、必ず潜在意識からの情報は送られています。



ふと思ったことや感じたことをメモしておく。



そして、そろそろ動きたい・・
そう思った時にそのメモに目を通してください。



そこにはあなたのアイデアや
新たにチャレンジしたいことが
書かれている可能性が高いです。



そして、”最初の一歩”を勇気を出して踏み出す!



ブログなら、最初の一行を書き出す。

腹筋なら、「今日は一回」だっていい。

仕事でアポをとる電話をするなら、
「今日は一件」から。

営業だってそうです。
「今日は大好きな○○さんの顔を見に行こう」
でOK。

小さくてもいいからアクション
おこしましょう。



それと、人間「何もしたくない」と思っても、
実は何かしているんですよね。



「何もしたくない」ときにしていることは
自分が本当に好きなことだったり、
自分を元気にさせてくれることなんだと思います。



くれぐれも暴飲暴食やアルコールの摂取量には
ご注意を☆



今日もお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)