いい波動を出す人ってどんな人?上げて高めてポジティブを維持するコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3





いい波動、波動を上げる、波動の高い人・・・。

一体どんな人だ?どんな状態だ?

と思っていました。



自分の波動が下がっている状態、
上がっている状態ってなんとなくは
感じます。



下がっているときは、怒り、不安、恐れなど
のネガティブを感じている時で、

波動が上がっているときはその逆で、嬉しい、
楽しい、幸せなどのポジティブを
感じているときですよね。



いい波動を維持していようと思っても、
なかなかそうはいかない 笑。



やっぱり何かの拍子にネガティブスイッチが
入ってしまい、しばらく抜け出せなくなる時
があります。



波動は、同じ波動のものと共鳴するので、
願いを叶えるためにも、その叶ったとき、
欲しいものを手に入れたときの波動でいると
早く引き寄せられる
といいます。



だからこそ、いい波動、高い波動を
出している自分でいたいですよね。



スポンサーリンク



いい波動を出す人ってどんな人?

いい波動を出している人ってどんな人なのか。



ポジティブな人!

細かいことをくよくよ考えない人!

ニコニコ笑顔で明るい人!

運がいい人!

感謝の気持ちで生きている人!



こんなイメージです。



自分が
「あんな人になりたいなぁ~」と
憧れを抱く人物がいるのなら、

その人は「高い波動」を
出しているはずなので、

その人の良いところを真似ることが
一番手っ取り早く波動を上げる方法
だと思います。



いい波動を出している人は、低い波動の人
と同じものをみても、感じ方が違うというか
焦点を当てている場所がちがうんですね。



ポジティブにものごとを捉えること
いい波動を出している人に共通することです。



スポンサーリンク



波動を上げて高めてポジティブを維持するコツ

自分は波動が低いと感じる人は、
ものごとを考えるときにネガティブに捉える
クセがある
ようです。



そうすると、ネガティブな低い波動を出して
いることになるので、いつまでたっても
その波動域から抜け出せません。



でも、ネガティブな感情に気がついた時、
自分の思考をポジティブな方面に焦点を当てる

これだけで波動は上昇します。



次に、
いい波動を維持するにはどうすればいいのか。

引き寄せの法則では
「願いが叶ったときの気持ちを感じて
その状態を維持する」

といいますが、なかなかうまくいかないのが現状。



だって、願いが叶ったときの波動がよくわからん・・
(だから願いが叶ってない!? 笑)



維持するにも、その「いい波動」の状態を知らないと
「いい波動の状態」になれません。



どんなときが「いい波動」なのか、
色々と自分を観察した結果、わかりました!
簡単でした!!



いい波動、高い波動の状態は、
心地良さ」と感じている時です。



これがわたしにはしっくりきましたが、
嬉しい~!楽しい~!幸せ~!と感じている時
でもいいと思います。

ただ、維持しやすいのが、嬉しい、楽しい
よりも「心地良い」ではないかなと感じました。
(個人差があります)



ネガティブな感情が湧いてきたときこそ、
ポジティブに戻す練習ができるときです。



それにもまた簡単な方法が。。。

・好きな人を思い出す
・美味しいものを食べる




これだけでネガティブに焦点を合わせなくて
すみます!



要は、自分が幸せを感じた時の感覚を
しっかり覚えておいて、
ネガティブな感情になりそうなときに
その感覚を思い出すだけ
です。



わたしにとっての「心地良さ」というのは、
太陽に当てたお布団に包まれている時や
瞑想後のスッキリ感、

鳥の声や風を感じるような「自然」の中に
身を置いている状態です。



その心地良さを思い出すと、
満たされている」感覚になります。



不安や恐れ、怒りを全く感じていない状態
であり、安心を感じています。

波動を上げると今までとは見る景色が、
世界が変わります。



望むものを引き寄せるようになります。



今まで波動を上げること、いい波動を出す
ことはそう簡単にはいかないと思って
いましたが、意識次第で簡単にできます。



いい波動、出していきましょう!



今日もお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)