断食(ファスティング)3日間 その前に!やり方と効果・注意点を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2





3日間も断食なんてわたしにはムリ・・。

と、思っていましたが、



ここ数カ月、

「体に毒素が貯まってる!」

「有酸素運動をしても変化がない!!」

「確実に筋力が衰えてる!!!」

「体が丸みを帯びてきた・・」

「体重・体脂肪率がすぐ増える・・・」

「顏のシミ・シワが気になり出した・・・」

と、こんなにも老化現象!?を実感。



・・カンペキに基礎代謝が落ちてるし、
放っておけば確実にオバサン化です。

図解 40歳からは食べ方を変えなさい!
という本もありますよね。



これは食生活から見直す必要がある!
と思い、

ファスティングやろう!」と決断しました。



でもその前に、断食のやり方や効果、
注意点は知っておかなきゃ。

ということで、
今回は3日間ファスティングについてです。



スポンサーリンク



断食の効果とは

断食は思い立って「さぁ明日から!」
という気軽なものではないです。



心と体の準備期間が必要。



心の準備とは「断食」についての
ある程度の知識を入れること。


・3日間で何キロ落ちるものなのか
・3日間口にしていいものはなにか
・断食をするとどんな変化があるのか
・回復食はどうするのか
・リバウンドしないためには?



などなど、断食に関する情報を入れてから
スタートすることが大事ですよね。


3日間で何キロ落ちるものなのか

体重に関しては個人差はありますが、
3日間で約3㎏落ちるといわれています。



3キロ体重を減らすって、
ふつうのダイエットではかなりキツイ。

でも断食なら、一日1㎏ペースで痩せられるってことですね。


3日間口にしていいものはなにか

断食といえば、
「3日間水とお茶だけしか摂れない」
というイメージ。



たしかにとても効果は上がるそうです。



でも、ある程度の糖分を補給しながら
断食をしないと低血糖になり、
継続が難しくなります




断食をする際には必ず
「専用のドリンク」を飲用すること。



そして一日一回、必ず梅干しや塩、みそ汁などで
塩分補給をします。


断食をするとどんな効果があるのか

断食には、体重を落とすだけでなく
体の機能を高めるという最大のメリット
があります。


効果1:腸をキレイにする

断食をすることで、胃腸がしっかりと休まり、
消化に使われていたエネルギーが血液循環や代謝に使われます。

そうすると、腸に溜まった宿便(老廃物)が排出されて
腸のそうじができる!



これは嬉しいですよね。



宿便は下痢や浣腸でも動かすことができず、
今のところ断食でしか排出する方法がない
といわれています。

宿便の量は200CCから多い人になると
2リットルもあるそうです・・。
(怖いですよね)



宿便は断食後、7日目から2週間の間で
排出されるそうなので、
回復食がとても大事になってきますね。



油ものやドカ食いは避けたいものです。


効果2:内臓を休ませる

・・内臓はわたしが食べている限り
文句もいわずにずっと働き続けているわけです・・

過食や邪食によって、消化器官をかなり
酷使しています。



断食によって、全消化器官が休息できます。


効果3:余分な脂肪を分解する

現代は栄養過多。



断食をすることで摂取カロリーが少なくなり、
溜まっていた脂肪を分解して
エネルギーに変えるため、肥満が解消されます。


効果4:免疫が上がる

飢餓状態が続くと、人間は体を守ろうと
抵抗力を高めます。



断食をはじめて7日~10日ほどで
白血球の量が増え、通常の1.5~2倍に増えた
白血球は菌を殺す作用を発揮。



よって、水虫、蓄膿症などの化膿性の皮膚病
が緩和されてくるそうです。

また、風邪はその他の病気にもかかりにくく
なるなど、免疫が上がり抵抗力が増します。


次に体の準備です。



ファスティングに入る前に体を整えておく必要があります。

整えるべきはやっぱり食事


・油ものや肉、お菓子などを極力避ける。

・和食中心の食材にして、ビタミンやミネラルをしっかり摂る。



準備期間は、大体3日前~7日前と
いわれていますが、
3日もあればいいみたいですね。



この準備は意外にあなどれません!

ファスティング本番に入る前に、
胃腸の負担を軽くしておくこと、
腸内環境を良くしておくこと
が大切です。



前日の夕食は腹6~7分目くらいに
抑えるのがベストのようです。
(これがなかなかできない!)



いきなり断食をすると、
前日までの食事量や塩分、
脂肪分などが原因で
頭痛や吐き気などの症状を引き起こす

恐れがあります。



個人的には、準備期間を無視して
断食に入ったため、
断食2日目から回復期最終日まで頭痛に
悩まされました・・。



準備期間で体を慣らして
ファスティングの効果を上げましょう。



スポンサーリンク



ファスティング中の「酵素」が超重要!

断食をするにあたり、
専用ドリンクを飲用することをオススメしました。

ご存知だと思いますが、そのドリンクは
酵素ドリンクです。



酵素ドリンクを飲むことにより、
栄養を補給しながら断食できるのです。



もし、お茶と水だけで断食した場合、
低血糖で倒れたりと危険を伴います。



そして、美容にも影響します。



断食中の栄養源は酵素ドリンクから摂るため、
どの酵素ドリンクを選ぶのかがポイント。



わたしの場合ですが、
酵素ドリンクを手に入れようとまずは薬局へ。

ですが、どの薬局にも無添加で余計な糖分の
入っていない酵素ドリンクは売っていませんでした。



その後WEBで検索し、「コレだ!」と思える
ドリンクに出会えたので、即買い。



わたしの断食生活を支えてくれたのは




「優光泉酵素」は、
断食中も一日20㏄を9回以上飲める!



空腹を感じさせないところが非常に心強かったです。

無添加・無糖で、60種類の野菜、海藻、穀物から抽出した
飲む野菜。



バケツ一杯の野菜をコップ一杯で摂れるというのが魅力でした。

そしてコストも安いし、断食後も続けて飲めること、子供も飲めるところが気に入った!

何よりも「日本人の体に合ってる」と感じましたね~。

酵素ドリンク徹底研究ガイドでもNO.1に輝いていました。



やっぱり、体験者の感想や口コミ、
レビューなどは参考になりますね!



SNS上でも、「優光泉酵素」が
断食にはオススメ!という声が
多いように思います。



飲み方としては、お水だけでなく
炭酸水やノンカフェインの紅茶
などで割るなど、色々あるので
飽きがこないですね。



甘みがあってジュース感覚で飲める
から断食が苦痛じゃなかったのかも
しれません。


体内での酵素の働き

酵素ドリンクによって違いはあると
思いますが、酵素が体内でどんな働きを
してくれているのか。


一番は血液サラサラ効果

腸内で分解しきれなかった食物の分子は
毒素となり血液中に充満します。



そうなると血液はドロドロ、
内臓に溜まって脂肪になるなんてことも・・。



食物を分解するのは「酵素」ですから、
濃度の高い「酵素」を体内に入れることで

「酵素不足」が解消され、血液もサラサラに!



さらに、サラサラになった血液が、
体内の脂肪分などを排泄してくれる
のです。

腎臓・肝臓の負担をなくす

血液は、毒素を肝臓や腎臓に持っていき、
排泄を頼みます。

ですが、毒素の量が多いと腎臓や肝臓への
負担が大きくなりますが、

酵素の力で胃や腸で栄養になる分子まで
分解していれば、腎臓・肝臓の負担が軽く
することができます。

偏食しがちだったり、野菜不足だったり、
肝機能障害がある方などにとっては、

断食するしない関係なく、
毎日続けて飲むと良さそうですね。

次回はファスティング3日後、
結果はどうなったのかを書いていきまーす!

今日もお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)