インフルエンザも一つのデトックス!心も身体もリセットしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2





娘の足のケガ、息子のインフルエンザ、
そしてわたしもインフルエンザ・・。



さんざんな10日間を過ごしていましたが
主人の仕事に支障がなかったことが何より
の幸い!



この冬、わたしはあることに賭けました。



それは、
「インフルエンザの予防接種をしない」



そうしたら、中学生以降一度もかかって
いなかったのにかかった・・・。



わたしの変な賭けのために息子まで辛い思いを
させて。



インフルエンザの予防接種は、
やっぱり受けたほうがいいんだなと。



受けていれば発症するリスクも抑えられるし、
発症したとしても症状が重症化しないんです
よね。



しかも、園や小学校で必ず流行るのだから、
手洗いうがいである程度は防げても、体調が
悪かったり免疫が下がっていれば移りやすく
なるわけで・・。



お子さまのいるご家庭は、
家族全員で予防していかないといけないんだ
と、身をもって知りました!



・・そんなあたり前のこと・・と
思われるでしょうが、
インフルエンザを舐めたらアカン 笑。

マジで陣痛以来のキツさでした。



腰が割れるかと思うほど、節々の
痛さにやられ、
頭の血管が詰まったんじゃないかと
心配するほどの頭痛に襲われましたから。



子どもも体の痛みがひどくて
体の置き場がない、という感じ。
(ホント、ママが悪かった!)

主人と娘は大丈夫だったのが
何よりの救いでしたが、

主人からは
「インフルエンザの予防接種はちゃんと受けようね」

の一言、効きました。。。



スポンサーリンク



インフルエンザや風邪もひとつのデトックス!心も身体もリセットしよう

インフルエンザや風邪を、
スピリチュアルな視点から捉えてみると
体の毒を出すためのデトックス



わたしと息子を主人に生年月日でみてもらうと
周期や運気がよく似てるんですね。



だから、今回一緒に寝込むというのは理解
できていて。

しかも今年はわたしと息子は
リセットの年。



リセットするための浄化作用の一つだったといえます。



熱を出すこと、体の痛み、下痢が特徴的だった
今回のインフルエンザ。

この症状から体と魂に溜まった毒素を排出
しています。



食欲がないから余計な食べ物、飲み物を
摂取しないので、これもメリットがありました。



そして、ただひたすら寝ますよね。

寝ることでの効果は、”魂のリセット”。



寝ることで魂を宇宙へ帰し、
いっぱいいっぱいになっている感情を
一旦整理することができます。



心と身体のリセットってしたくても
日常に追われてなかなかできないので、
こういう、強制的に休む時間はとても
貴重です。



元気になったときには一皮むけていて
古いエネルギーを脱ぎ捨てて新しい
自分になっているため、
自分自身がイキイキとしていると思います。



だから病み上がりに家や部屋を片付けたく
なって、掃除や洗濯がはかどるのです。



このとき、不要なものは思い切って捨てましょう!



魂も宇宙でしっかりとエネルギーをチャージし
新たなアイデアを持って現世にいる肉体に
戻ってきています。



思いつくことをどんどん行動に移していきましょう!



わたしにおいても寝ている間に色々な思考が
整理され、3月末から変わろうとしていること
4月から新たに始まることに対しての心の準備
が整いました。



息子も4月から小学生。

そういった新しいことに向けての”浄化”の
ためにあった時間だったのだろうと思います。



人生に起こる出来事は必ず何かしら意味が
あると思います。

そして、その時に起こる意味というのも
あるものです。



家族や自分がもし寝込むようなことが
あったら、その流れに逆らわず受け容れて
魂と身体を休ませてあげてください。



その休養期間を必要としていますよ☆



今日もお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)