占い師になるのは簡単!?でもちょっと待った!好きだけじゃメシは食えないぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2





今の時代、ネットを使えば簡単に
「占い」ができちゃいますよね。

占いサイトもごまんとあるし、
ゲーム感覚ですぐに占えます。



えっ!?こんなことまでわかっちゃうの?
というものまでもあります。

占い好きなので、ついやっちゃいますが、
けっこう楽しめます。



LINE占いなんかもあって、
知名度の高い占い師から知る人ぞ知る
占い師まで、いろいろと検索しなくても
「占いの館」サイトに行けばすぐに出会え
るという・・。



「占い師」が星の数ほどいるという
現実に驚いてしまいます。



「占い師」って簡単になれるのか・・?



スポンサーリンク



占い師になるのは簡単!?

わたしの主人は住職ですが、
信者さんの相談にのる際に
「占い」を用いています。



修行を終え、独立する前に
「これから必要になる」と思い、
いくつかの占いの技術を学び、
占いの”師匠”の元で
知識と実践を身につけました。



ほかにも心理学を勉強し、
自分のもつ霊的感覚を磨き、
目に見えない存在からの声を聞き、
そしてやっと、
目の前の方のお悩みに
アドバイスができる、
そう言っていました。



主人いわく、
「統計学」だけでは占いはできない、と。
(個人的意見です)



統計学で出てきたものを
ただ伝えるだけではダメなんですね。

出てきた統計からその方の人生に、
今の悩み解決に必要なこと、
その方の今後の人生を読み取る力など
「リーディング力」が必要。



そして読み取ったことをその方に
伝えていくわけですから、
とても責任のあるお仕事ですよね。



その方の人生を左右するのですから。



「占い師になるにはどうすればいいか?」

をいろいろと調べてみると、
ちょっとびっくりなのですが、



「わたしは占い師です」と名乗れば
もう占い師
、なのですね・・。



資格を取得したり、
深く学べる講座等もありますが、
国家資格ではないので
「占い師」と認定されなくても
とりあえずはなれます。



今の時代、
「美容家」とか「○○コーディネーター」と
名乗る方の中にも、プロだという証拠の
ようなものがなくても、プロとして
生計を立てている方もいるという・・。



他の職業でもいえます。

アパレル販売員がみんな販売資格を
持っているわけじゃないですしね。



だから
「占い師」になるには、
今すぐ名乗ればなれる
ということなのですね・・。



ただ、前にも書いたように
「占い師」は他の職業よりも
責任のある仕事だというのは確かです。



だけどなるのは簡単なんだなぁ・・。



スポンサーリンク



好きだけじゃあメシは食えないぞ!

占いが好きだから、
講座を受けて勉強しました、
いろいろなサイトをみて学びました、
プロ認定をもらいました・・



さて、この程度で占えるでしょうか?



人の人生を左右するような
アドバイスをしちゃってもいいのでしょうか?



このレベルで「プロ」と名乗っていいのでしょうか?

じゃあ、どのレベルになったら「プロ」と呼べるのか?



「プロ」というのは、
そのことでお金を頂けるようになる
ということ。



「占い師」にはなったけど、
肝心のお客様が来ない・・
広がらない・・

もちろん、すぐに芽が出るわけじゃないし
経験と実績を積んでいかなければ
なりません。



相談に来られた方に薄っぺらい占いをしたら、
どうなるかはもうおわかりですよね。



「占い師」は
その占いの歴史からしっかりと学び、
技術を磨き続け、伝え続ける。




とても根気のいる職業です。
コツコツと実績を積み上げていくしかありません。



ですが、
スピリチュアルな感性を持っているとどうなのか。



目に見えない存在からのメッセージを
受け取れる占い師(霊能者)は、
やはりそれがお役目なのでしょう。

伝える力が自然と身についているので
伝える難しさはそれほど感じない
のかもしれません。



夫に関しても、初めは目に見えない存在から
の声が色々と聞こえてきてはいたそうですが
果たしてそれを全て伝えていいのか・・
と迷いがあったそうです。



そして実際にそうなのか?とも
疑ってみたり。



目に見えない存在の声ですら100%の
答えじゃなかったりするそうです。
(自分の雑念などで)



霊能者にも能力のレベルがあり、
鋭い人は深くリーディングできますが
そうでない人は低レベルの霊の波動を
受けていたりもして、
出てくる答えもさまざま。



だからメディア出演していたり
雑誌で占いの監修をしていたり
本を出版することによって
知名度が上がると、それが
占ってもらう側の「安心」につながって
「この人なら大丈夫」という信頼
得ます。



占い師に限らずどの世界でもいえることですが
その世界で自分をどう表現するか
大事ですし、唯一無二の存在を目指す
ことがその道で成功できるといえると思います。



そして占い師はなにより、
占いを的中させることですよね。


まとめ

わたしも数秘の世界が好きで
今、勉強しています。

数秘術の世界は本当に奥が深い!

数秘術はそれこそ、
本を読み、プロ講座を受け、
ほかの数秘術家のサイトから情報を得て
「わたしも人に伝えられる」なんて
思っていたら痛い目にあいます!



本やサイトから情報を得ることは
みんなやっていること。



数秘術家よりもくわしく説明できる
素人もたくさんいます。



占星術にしても四柱推命にしても
どの占いにしてもそうですよね。

「占い師」のプロのレベルになるのは
簡単じゃないってことです。



「占い師」として人の人生のお役に
立ちたいのならそれなりの覚悟
必要です。

自分の人生を賭けるくらいの・・。



今日もお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)