自分をどう表現するか?そのための3つの準備

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3





「自分をどう表現するか?」



これからの時代、自分を表現できる人が
人生を楽しめるのではないか
と思います。



わたしは住職の妻として、母として、
完全に「サポート」する側で”裏方”の存在。

でも心の中では、
「裏方の自分」に自信が持てないでいました。



わたしはこのままでいいんだろうか?

自分の人生を生きているのか?



と思うようになり、

「自分の本当にやりたいこと、好きなこと、
楽しいと思えることは何なのか」




それを約一年かけて突き詰め、ようやく
それが見えました。



スポンサーリンク



自分を表現して生きている人たち

自分を表現して生きている人はどんな人なのか?



自己表現するには、あらゆる方法があると思います。



今の時代、スポーツ、仕事、趣味を楽しみながら、
ブログやインスタ、YouTube、
TwitterなどのSNSで、自分の思いを
文章や画像を通して誰でも発進することができます。



本当にいい時代になりましたよね~!



その結果、その道のプロとしての道が開けたり、
本を出版するというチャンスに恵まれたり、

自分を表現すること」が素直に行動に
移せると、思ってもみなかったステージが
用意されることだってあります。



わたしも何かしたいのに何をすれば
いいのかわからない。

自分が好きなことがわからない。

やってみたいけど自信がない・・。

ブログを開設してはみたけど、
続かない・・。



こんなふうに、今の自分にブレーキが
かかっている人もいるかと思います。



大丈夫です。
心配ないです。
そのブレーキ、外せます。


準備その①:自分の好きなことは何か?

まずは、自分としっかりと向き合うこと。
わたしは「自分」について悩みだしのが
ちょうど約1年前でした。



ブログを通して何かを伝えていきたい
という思いはあったのだけど、
何を書いていいのかわからなかったのです。



今思うと、目的が「ブログを書くこと」に
なっていて、自分の好きなことが
わかっていない状態
でした。



自分のやりたいこと、好きなことが何なのか、
心から楽しい!と思えることは何かを
たくさん書き出してみて
ください。



頭に浮かんだそのことを。
自分にはあり得ないようなことも
浮かんだら全て書く。



そうやって一度(何度でも)
自分の中にあるものを全部出す作業
をします。

こうなりたい、
こうなったらいいな、と思うことを。



その書いていく中で、もう一つ大事なことは



小さい時に好きだったこと、
今、気がついたらやっていること(自然と)



この二つは特にポイントです!

これは自分の魂が求めていることだから。



いつも表面意識があれこれ考えているために
それがブロックになっていて
潜在意識の欲求(魂がしたいこと)が
わかっていない人が多いのです。
(わたしもその中の一人!)



自分ととことん、向き合ってみてください。



スポンサーリンク



準備その②:不安や恐れ、焦りやいら立ちを手放す

わたしが本当にしたいことに気がつき、
受け入れるまでに1年かかったのには
理由があります。



それは、
心の中が不安や恐れでいっぱいだったから。



その不安や恐れというのは

・自分にやれるのかという自信のなさ

・本当に自分がやりたいことなのか?という疑い

・失敗したらどうしよう・・

・周りがなんて言うだろう?

・将来、この道で食べていけるのか?


そんな不安と恐れが邪魔をして、毎日
これらの思いが頭の中を堂々巡りしていました。



そして、何かをしようと思っても
同じようなことをしている人が
世の中にはたくさんいますし、

自分がその中で秀でるわけじゃない
と、すごく傲慢な気持ちがありました。
(身のほど知らずです笑)



その道で輝いている人、
結果を手にしている人と
スタートラインにも立っていない自分を
比較して、勝手に焦りやいら立ちを
感じていたんですね。



でも、
不安、恐れ、焦り、いら立ちというのは
「本当の自分」とつながることを
邪魔します。



だから手放してください。



じゃあ、どうやって手放すか?



それにはまず、
「本当にそのことと純粋に向き合う」
ことです。



小さいとき、あなたは「何かのため」に
遊んでいましたか?



きっと、ただ無邪気にそのときを
純粋に楽しんでいたと思います。

でも大人になって、
仕事はお金や出世のため、
運動するのはダイエットや健康のため、

そんなふうに、「何かの目的のため
に向けられているのではないでしょうか。



見返りを期待せずただ夢中になれること、
それが利益にならなくても
ただ好きだからやっているといえるかどうか

に目を向けてみてください。



その思考を軸にすれば、
不安や恐れ、焦りやいら立ちは手放せます。



本当にこれでいいのか?
と自信を持てないときは

「あなたがいいのならそれでいい」
のです。



嫌なら違うものを求めればいいだけ。

周りの目、人の意見は関係ないのです。



「自分自身の基準で物事を判断すること。」



正しい答えは自分の心の内にしかないです。



あなたがあなたであるための選択をしましょう。


準備その③:行動に移す

考えるから行動に移せないのです。

「これはやったほうがいいかな、
やらないほうがいいかな?」

と考えるから行動に移せなくなります。



「すぐやる人」になりましょう。



「考える前に動く人」になりましょう。



「すぐやる人」の共通点で一つ面白いのは
すぐやる人は、常に頭の中を空っぽに
している
そうです。



どうやるのか?



頭に浮かんだことを紙に書く。



そのためにメモとペンを持ち歩いたり
スマホに記録できるようにしています。



そうすれば、やりたいと思ったことや
浮かんだアイデアを忘れることがまずない。

書くことで頭の中を空っぽにしておくと
次の行動がブレないそうです。



「すぐやらない人」は、
頭に浮かんだそのことを
頭の中でいつまでも考えているそうです。



あれこれ考えていていも
行動しなければ答えは出ません。

行動して間違っても、それは経験になります。

まず一歩踏み出しましょう!



ブログやってみたいけど、
どうやればいいのかわからない・・

ブログの開設方法はググれば
たくさんの方がWEB上で教えてくれています。



インスタやりたいけど
写真がうまく撮れない、
投稿の仕方がわからない・・

まずは色々な人のインスタをのぞいてみて
好きだな、と思う人の真似をしてみましょう。



ブログ、途中で止まってる・・

まずは最初の一行、何でもいいから
書いてみて。

不思議と次の行の文章が浮かんでくるものです。



ブログの方向性が違うなと思うのだったら
またやり直せばいいだけです。

ブログを数回やり直してプロブロガーとして
生計を立てられるようになった人も
たくさんいます。

みんなそれぞれ試行錯誤を繰り返しながら
上手く自分を表現できるように
なっていくのです。



SNSは、自分を表現するために、
自分を知ってもらうためには欠かせない
ツールですよね。



でもSNSで、「世間に自分を認めてもらおう
とすると、手が止まったり
苦しくなったりします。



見てもらえないと辛くなるから・・。



あくまでも、
自分が好きだからやっている
という軽い気持ちでやりましょうね。



楽しんで自分を表現している人のところに
人は集まります。



まとめ

「自分をどう表現するか?」



そう思って、その日に思ったことを
綴ってきたノートを見返すと、
自分の想いが数か月前と今と同じでした。

ということは、わたしはこの方向で
間違いないんだな、と。



そして気づいたことがあります。



わたしが
「自分を表現する方法」(やりたいこと)が
わたしのおくり(お寺の奥さん)
としての仕事、
家族をサポートする「裏方」としての自分を
より一層、磨くことにつながっていました。



自分のやりたいことが自分の置かれた場所で
しかもみんなを幸せにすることになる・・



不安や恐れ、焦りといら立ちで
「本当の自分」見失っていました。

でもおかげで、
自分をどう表現していきたいのか
に気づきました。



それはわたしの「日常」の中にありました。



これからあなたも
どんどん「自分を表現」していきましょう☆



今日もお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)