チャンスを活かした人、掴まなかった私の今&新年への決意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2





こんにちは!
寺ヨメであり数秘術家・おくりです。



年末になると、やることが多すぎて
一年を振り返るどころじゃなくなるほど
忙しくなりますよね。

溜めないようにしているのに、
やっぱりバタバタ。



これからますます忙しくなるのは
目に見えているので、
一年を振り返るなら今しかないから
自分を見つめ直しました。。。



スポンサーリンク



チャンスを活かした人、掴まなかった私

2年ほど前になりますが、
ある人と同じことを同じ時期に始めました。



そのことは、
やろうと思えば誰でもできるのですが
継続し続けることと忍耐力を要します。



わたしは、その当時

「自分にしかできないことは何だろう?
この仕事はとりあえずやっておこう」

と思いながらスタートさせました。



もう一人の人は、
「なんとかこれで成功しよう」
と思っていたようです。



わたしはやりながら、すごく迷いがありました。



「これがわたしの人生なの?」
「この道であっているの?」



そう思いながら10カ月目で一旦ストップしました。



楽でした。

「きっとこの仕事は本当は好きじゃなかったんだ」

と思い、そこから数秘術との出逢いもあり、
「この道でよかった」と思える日々を過ごし
ました。



でもね・・。



好きなことだけで生きていく環境を
整えたはずなのに、
手放して楽になったハズなのに、
毎日「これでよかったのか」と思ってしまう。



数か月後にまたやってみました。

でも
やっぱり苦しくなる。

やっぱり好きなこと一つに絞ろう

でも未だに需要がある

両立はどうか・・自信がない。

やっぱり一つを極めよう(一つは手放す)

今のわたしなら違う目線で出来るかもしれない

時間に余裕がないな・・

やるかやらないか・・どうしよう

という具合に、でも、やっぱりを繰り返し
ず~っと迷ってた。

めちゃめちゃ優柔不断です!



そして、もう一人の人はどうなったかというと
2年経った今、わたしが理想としていた形を
つくり上げ、大成功を収めています。



本当にわたしが思い描いていたものズバリ。



わたしが迷っている間に、
彼は夢を叶え、富を手にしていました。。。



彼と自分を比べると、そりゃあ悔しいです。



考えてばかり、現実逃避して
行動に移せなかった自分を猛烈に反省しています。



でも、「わたしの使命はそこにはない」と
感じたのも事実。



もしあのまま突っ走っていたら、
体を壊し、富は得たものの心はカラカラ
状態だっただろうと思います。



スポンサーリンク



新年への決意

今思うことは、
「思ったことを行動に移す」
ことがどれほど大切かということ。



当たり前だしありきたりな言葉なんですが、
何においてもこれがすご~く大事!

行動することで不安や恐怖も解消できる、
前に進むことで次のチャンスも見えてくる。



わたしが、苦しくなって一旦ストップした時、
確かにすごく疲れていました。



わたしは自分のペースでやりたい、
人と競争したくないと思っているのに
そうなってしまう。

それをずっと続けていくなんて無理・・と。



でもそれは、自分でそういう信念を作りだして
しまっている
んですよね。



「できない理由」
を自分の中で定義した
んです。



これは、そういう癖が自分にあるんだと思います。



物事を最後までやり遂げた経験が少ないのは
自分でブロックをかける習慣が知らないうちに
できてしまった
んだなぁ~・・。



そんな人にはなりたくないと思っていたのに
自分がいつの間にかなってました・・。



でも、ここでそんな自分を認めます!
受け入れます!!



新年への決意として、

「チャンスをつかむ自分になる!」



毎日なにかしら一歩ずつ前に踏み出す。

考えすぎて行動に移せなかった自分はもう
卒業して、人生のステージを上げます。



だから、そのストップしたことを
誰と競争することなく、
今度は自分のペースで楽しむ。
その視点で再チャレンジすることに
します。



わたしはいつも、
好きだから楽しいから始めても、
いつの間にか「やらなきゃ」になってしまう。

それは心のどこかに他者と自分を比べたり、
自分自身に義務づけする癖があるのかもしれない。



そんな生き方はもうやめようと思います。



新たな決意をしてみて、
今まで自分の中に溜まっていたエネルギーが
動きだしそうな気がしてきました。


まとめ

人にはそれぞれ「転機」があります。



それは数秘術でもわかるのですが、大事なのは
自分の感覚。



わたしが理想としていたことを現実化した彼は
「転機」を迎えて結果がでたのかもしれない。

対してわたしは、「転機」の真っ最中だった。



いつスイッチが入って運命が動き出すかは
一人一人違う。



だから焦る必要はなくて、まずは今までの
自分に気がついて、受け入れられれば
前に進めます。



変われるきっかけも必ずあります。



わたしのように、未来を恐れて行動に移せない
でいると、気づくのが遅くなるのかもしれない。



今、「転機」かな・・と思われる方は、
目の前のチャンスに気づくためにも、日々
行動してくださいね。



今年の汚れは今年のうちに、ではないけど
感情のおそうじもして、
心新たに、新しい決意で新年を迎えましょう。



今日もお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)