虹を見ると幸せになれるは本当?住職に意味やメッセージを聞いてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2





今朝は雨。

娘を学校に車で送った帰り、虹をみました!

わりと距離も近く感じて、7色がはっきりくっきり。



周りには誰もいないし(と思いこんでる)、
わたしのために出た虹なんじゃないかと
虹を独り占めしているような
気持ちでした。



ゴミを出さなきゃ!

と家へゴミを取りに行き、
1,2分後もう一度みてみると
もう虹は消えていました・・。



ホントにあの瞬間だけだったんだなー。



やっぱりわたしのため?笑。

虹を見ると本当に幸せになる
んだろうか・・(今も幸せですが)



虹を見るとなにか意味があるのか?を
我が家の住職に聞いてみたいと思います!



スポンサーリンク



虹にはちゃんと意味とメッセージがあった・・

虹は、雨上がりの空に見ることができます。

あとは、滝だったりホースで水をまいているとき
ですよね。



今回は
雨上がりの空に出る虹のことを聞いてみました。



空に虹が出るのは、スピリチュアル的にいうと
虹を見た人への「神さまからのメッセージ」。



雨が降っているときというのは、
空はどんよりしていて気分もスッキリしない
というイメージですが、

「雨」は浄化を表します。



雨がその土地自体を浄化してくれます。



雨が止んだ空に虹・・。



スピリチュアルな表現をすると、



「苦難を乗り越えたあとには必ず光がさす」



やまない雨はない。

不安も苦しみも悲しみも水に流して
心のお掃除をしよう。

その先に、素晴らしい未来が待っているから・・



そういうメッセージが込められているそうです。



なんだか嬉しくなりますね。。。



住職が大きなお仕事をする際、
その日の朝は必ずといっていいほど
雨が降ります。

かなりの雨男です 笑。



でも、それにも意味がありました。

供養やお参りの前に、「雨」でその地を
浄化していたんですね・・。



ただの雨男じゃありませんでした!



スポンサーリンク



虹を見たら”浄化”を思い出してね

昨日は満月でした。
しかも、「うお座の満月」です。



うお座って、12星座の中の最後にくる星座。



実は、「終結」を表しています。

ものごとの「区切り」をつける日といってもいいです。

うお座は魚座とかきますし、
「魚」といえばやはり「水」。



そして新月、満月の関係でいうと、

「新月で願い、満月で受け取る」

と言われています。



なにかを「受け取る」ときには
感謝の心」で受け取りますよね?

なので、満月は「感謝して受け取る」なのです。



昨日は「魚座の満月」なので、

不安や恐れ、嫉妬などのネガティブな思いを断ち切る、
許せなかったことを水に流す日
だったわけです。

不必要なものを手放すことができる
浄化力の強い日でした。



昨日の満月は

「エネルギーを循環させるために浄(きよ)め、そして受け取る」

そんな満月だったように思います。



夜中から降り出した雨、そして今日の虹が
「魚座満月」と関係しているのかな、と。

次へ進むための締めくくりをしてくれた、
そして、さっそく次のスタートの準備に
入っているんだなと感じます。



今回の満月を私自身がとても意識していたので
そう感じるのですが。。。



今後、雨上がりの虹を見たら、ぜひ”浄化”だ!
と思い出して下さいませ。



”浄化”のときは、次のステージへ上がる準備のときです。

身も心もキレイにして、最高のあなたで
ステージへ上がってください☆



今日も応援しています。



月の力を身につけると人生が変わります!

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)