ワクワクの意味がわからない・・言い換えると簡単に引き寄せできるようになった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3





現代では、「引き寄せの法則」について、
わかりやすく教えてくれる良書が
たっっっくさんありますよね。



望みを引き寄せるために必ず必要なこととして
どの引き寄せの本にも共通して書かれている
のが

「ワクワクすることをしなさい」

です。



でも・・ワクワクの意味がわからない・・
できない・・。



「引き寄せ」を知ってから数年間は、
「ワクワク」が理解できなくて困りました。



イメージ的にはわかります。
「ワクワク」する感覚とは、小さい頃、
楽しいことを待つときや、楽しいことを
している最中に感じていたアレですよね。



大人になった今、その感覚が
すっかりなくなっていました。。。



でも、「ワクワク」を別の言葉に
言い換えて、意味が理解できると
簡単に「ワクワク」ができるように
なりました!



スポンサーリンク



ワクワクの意味って?

「ワクワク」の意味を広辞苑で
調べてみると、

心が期待や喜びなどで心がはずみ、興奮気味で落ち着かないさま。

とあります。



また、「ワクワク」の語源は、
ものごとが急に現れるさまを表す「湧く」
からきているともいわれています。



「ワクワク」は「excitement(興奮する」の
訳語であり、
バシャールの「excitement」という言葉は
「ワクワク」に訳されて日本で伝えられて
います。
(*バシャールとはアメリカ人のダリル・アンカの体を借りて地球人にメッセージを発信している地球外星人です。)



バシャールは、

「毎瞬 毎瞬、ワクワクすることだけをやりなさい」

というメッセージを発信しています。



えッ?
毎瞬毎瞬、興奮するの??

と捉えがちですが、そうではなくて

「excitetment」にはもっと
深い意味があって、

”イキイキとした陽気な喜びの気持ち”

を表します。



つまり、ポジティブで高い波動でいる
ということです。



「毎瞬、毎瞬ワクワクすることをやる」
というのは、特別なことに対してではなく、

日常的にやっていることに対しての気持ちの
持ち方
のことを言っているのだな、という
ことがやっと理解できたのでした 笑。



スポンサーリンク



「ワクワク」をさらに言い換えると簡単なことだった

「ワクワク」をもっとわかりやすく伝えているのは
お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法 (引き寄せの法則シリーズ)




この本で毎ページのように出てくる言葉で

「明るくていい気分になることを毎瞬、毎瞬選ぶ」

です。

自分が望まないことが起こると
イヤな気分になりますよね。

その時に、
「わたしはイヤな気持ち(ネガティブ)に
なっている。わたしが望むことは何だろう?」

と自分に問いかけることから、

気持ちの切り替えが始まり、望むことへシフト
できる。



こうして「明るくていい気持ち」を
持続させると、
次々に良いことが引き寄せられる、
望みが常に叶えられるようになる

ということをこの書では伝えています。



「ワクワク」とは、
「喜びで生きる」ことであり、
「明るくていい気持ち」でいることです。



常にいい気持ちでいることを選択すること
なら、少しの気持の切り替えだけで、
簡単にできますよね。



いつも何かを選択するときも、
「自分がいい気持ちでいられて嬉しいほう」
を基準にするだけで
「ワクワクしている」自分になれるってことです。



ぜひこの瞬間から「ワクワク」で
生きましょう!



引き寄せの法則が真から理解できる本です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)