与えるとエネルギーが循環するとはいうけど、何を与えたらいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2




”何を探し求めているにせよ、まず与えなさい!”

”あなたが求めているものを与えなさい!”

”自分が願っていることを、他の人のために願いなさい!

by/バーバラ・バーガー



「まずは自分から与えなさい」



「引き寄せの法則」をご存知の方なら、何度も耳にしていると思います。



法則を知らなくても、自ら自然と実行し、
多くの幸せを手にしている人も多いと思います。



では、なぜ自分から「与える」と良い方向へいくのでしょうか?



スポンサーリンク



なぜ自分から「与える」とうまくいくの?

今、現状があまり上手くいっていない、
これまでの人生、不幸続き・・



そう感じている方は、

いいエネルギーの循環がうまくできていないんですね。



わたし自身の人生を振り返ると、
やはり当てはまります。



宇宙は「愛」でできており、愛のエネルギーの
形を変えて絶えず循環しています。
(愛=お金=時間などなど)



わたしたちは、
その動いている愛のエネルギーの
中で生きています。



なので、
自分に流れてくるエネルギーを妨げたり
止めたり、自分からマイナスのエネルギーを
発すると、バランスを崩して
停滞、困難や不足、そして
肉体的にも精神的にも不調を招いてしまいます。



でも、いいエネルギーを循環させることで
「いい人生」を手にすることができる。



その
エネルギーを循環させることの一つが

与える」こと。



これまで、あらゆる不足を感じていて
「欲しい、欲しい」
となっていたのなら、

その真逆の
「あげるよ、あげるよ」と、
あなたのほうから積極的に何かを与えることで、
プラスのエネルギーが流れ始めて、

与えるものが返ってくる宇宙との調和が
とれ始めます。



宇宙には、空いたスペースを埋めようとする
性質があります。



あなたが自分の中にある
「あげる・手放すのが惜しいな」と
思えるような価値あるものを差し出すことで、

宇宙は与えたもの以上のものを
補充してくれるのです。



スポンサーリンク



何を与えればいいの?

エネルギーを循環させるためには
まず自分から「与える」のですが、

「じゃあ、何を与えればいいの?」

ということになりますよね。


あなたが与えられるものは何でしょうか。



愛、笑顔、賛辞、祝福、サービスもそうですし、
相手を助けることも与える行為です。

物質的な贈り物、ポジティブなメッセージ、
感情などなど。

そして、
時間や労力、情報、アイデアー。



一番効き目があるものはなんでしょう?



先にも書いたように、
あなたにとって手放すのが惜しいと
思える価値あるもの。




これは多くの人に当てはまることですが
お金」を与えることは、
「手放すのが惜しい」ものですよね。



例えば、寄付。

寄付を意識的にすることで、
エネルギーは簡単に循環します。

寄付といっても、
まとまったお金というわけではなく、
コンビニでお手軽にできます。



寄付や募金は「喜んで」やってみてください。



与え続けていると、「豊かさの流れ」が
あなたのほうへ向いてきます。


「与える」ときの注意点

与えるとき、
惜しみなくさせていただく
という気持ちでやることです。



そして上にも書きましたが、

寄付や募金に限らず、与えるときは
「喜んで」「気持ちよく」
です。



どんな気持ちで与えるという行動を
起こすのかがいちば~ん大事です!



Happyな気持ちでするから、
同じ”Happy”なエネルギーが返ってきます。



大きく与えられる人には大きく返ってくるし、
エネルギーの循環は良くなって、
流れるパイプもどんどん太くなる。



与える量が少ない人は、やっぱりそれなりで
循環のパイプは細いままです。



また例えますが、
(お金がわかりやすいので)

「1000円は惜しいから700円でいいかな・・」

その惜しんだ300円があなたの「」ですよ!



その「愛」を与えるということです。



「あなたはこのくらい愛してくれたからわたしも同じだけ」
というギブ&テイクではなく、

見返りを求めずに愛をどんどん与えてください。



与えても減りません!

与えた分だけ増えるんですから惜しみなく。



愛もお金も時間も同じエネルギーです。



あなたが与えたエネルギーが
どんな形で返ってくるかは宇宙にお任せです!



見返りも期待もしないで宇宙を信じて
「与え続ける」ことがポイントです。



与えることに躊躇せず、
「いい種」をたくさん捲いて
豊かさをたくさん収穫しましょう☆



今日もお読みいただきありがとうございます☆

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)