30代ママが素敵なのはファッションや髪型だけじゃなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2





わたしのまわりの30代のママたちは、ほぼフルタイムで働きながら家事・育児もこなすという忙しさ。

みんなすごいです。

ガンバッテます。



でもね、髪を振り乱して生活感を丸出しにしてる人っていないんですよね・・。

みんなおしゃれなんですよ、今のママさんたちって。

自分に似合ったファッションとヘアスタイルを楽しんでるママさんたちを見ていて、「みんなそれぞれ素敵だな」と思っていたのですが、実際に話をしてみると、素敵なのはそれだけじゃなかった・・・。



スポンサーリンク



30代ママが仕事に生きる時代

30代女性の平均年収は、200万円~350万円という統計が出ていますが、既婚女性となるともっと下がってくるでしょうね。



わたしのまわりのはたらく30代ママさんたちがどんな仕事をしているかというと、

美容師、保育士、歯科衛生士、助産師、居酒屋、美容室の経営者、フリーランスなどなど、持っている資格や経験を活かしている人ばかりです。

子どもが小さいからとパートの方のほうが多いかなと思いきや、正社員との割合は半々。



会社としては、復帰するからにはしっかりやってくれということなのでしょうか。

でも、小さい子をもつ母親にとって正社員として働けることはとてもありがたいことですよね。

今、地元の求人雑誌をみてもほとんどがコンビニかレストランのホールスタッフの募集ばかりですから・・。

実際問題、資格がないと正社員での仕事復帰はむずかしいです。



そんなわたしのまわりの働くママさんみんなに共通しているのは、おしゃれだということ。

系統はバラバラで、個性派もいればキレイ系、シンプル系もいます。

あの人がこうだから私も・・・とかではなく、自分の個性を出して楽しんでる感じですね。



そんなママたちに仕事のことを聞いてみいると、「仕事やめたい」という人が一人もいなかった。

みんな自分の仕事が大好きでやってるんですよ。

仕事のことを話すとき、キラキラしてる。

確かに、家事がおろそかになったりもう少し子どもといる時間も欲しいという悩みはあるものの、ご主人のサポートをもらいながらこなしていますね。



はたらく理由は、やっぱり生活の余裕がほしいということから。

だからおしゃれも楽しめるし、自分への投資もできる、貯金もできるんですもんね。

家族の楽しみも増えますし、妻の収入はばかになりません。



ただ、昔と違うのは旦那さんのサポート力が強いということ。

うちの母はアパレルの仕事をしていましたが、朝9時半出社、帰宅は19時、休みは週一。

今思うとけっこう過酷な労働だったと思います。

「父は家事・育児は男がするものじゃない」という考えで一切しませんでしたから、母は祖母にたまに手伝ってもらいながらすべて自分でこなしていました。

昔は、夫に「家事を手伝ってください」とはいえなかったみたいですね。。。

ま、その男性のタイプにもよるのかな。



スポンサーリンク

30代ママたちの楽しみは・・

そんなママたちの楽しみを聞いてみると、「一人の時間」とみんなが答えました 笑。



・・だよね。

子どもが寝てからがお楽しみの時間のようで、

録画してたまったドラマをひたすら見る。ビール片手に

という人が圧倒的に多かった。



わかるわ~。。。

本当は、
ハーブティーを飲みながらオイルマッサージをして素敵な香りに包まれて大好きな雑誌をみる」のほうが断然美しいのですがね。。。

このパターンは40代になってからの女性に増えてくるようですよ。

ビールよりもハーブティーが健康的だから!?でしょうかね・・・。


ママたちだって夢もってるんだヨ。

30代ママたちがもっと素敵なのは、「わたしはこうなりたい!」と夢をちゃ~んと持ってるんです。

これはけっこう驚きました!

しかも、全く別のことがやりたい人よりも、今の仕事でランクアップしたい人のほうが多い。

スバラシイですよね。



みんな生活のために仕事をしているのではなく、今の仕事が大好きでやってるってことですからね。

あ~これがキラキラと輝いている理由なんだな~・・と実感。



今の30代ママさんたちは、しっかりと自分軸をもって生きています。

そんなママさんたちが、どんな風に年を重ねていくのか、楽しみですし、わたし自身もたくさん刺激を受けてます。

一度しかない人生、楽しまなきゃね☆

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)