主婦や子育てママが仕事・社会復帰するための心の準備

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2





子育てがひと段落してきたママ、

専業主婦だったけど思い切って
外へ出て働いてみたい、

アルバイト感覚でいいから
お小遣い稼ぎしたい、

自分の趣味や好きなことを活かして
開業したい・・



そんな思いが募り、求人雑誌を見たり、
ハローワークに足を運んでみたり、
ネットでお仕事検索してみたりと、
この現代は、職探しの方法が
いろいろとあります。



ですが、地方へ行けば行くほど、
求人募集は少ないのが現状・・。



コンビニ、ホールスタッフ、パチンコ店
の募集が目立ちます。



「わたしがしたい仕事はコレじゃない!」

「年齢的に厳しいのよね・・」

そんな声が聴こえてきそうです。



年を重ねれば重ねるほど、
なにか資格を持っていない限りは
就職するのが困難に感じますよね。



でもあきらめるのはまだ早い!

専業主婦の方と子育てママが
仕事復帰するためにまずは
こころの準備からです!



スポンサーリンク



どんな気持ちで職を探すか

「仕事が見つからない」

「今の世の中はきびしい」

「仕事は求人の中から選ばなきゃ・・」

「雇ってくれるところがあればそれでいい」

そう思いながら仕事を探しているとしたら、
すご~く気が重くないですか?



だってそれは、「お金のため」に仕事を探しているから・・。



確かに。
仕事するのはお金を稼ぐためですよね?



でも「お金の奴隷」になってはいけません。

支払いするために働くことを一生続けたいですか?



大切なあなたの時間ですよ。



どうせ仕事復帰するのであれば、
自分が好きだなと思える仕事、
やりがいのある仕事で自分を磨き、

成長しながらキャリアアップを目指して
収入もアップ!という道を選択したほうが

人生も楽しめるし、稼いだお金も
生きたお金”になるはず。



「どんな気持ちで仕事をするか」

がとっても大事です。



だからこそ、職を探す段階で

「面接に受かるだろうか・・」
と心配するよりも、

その仕事をしている自分をイメージ
してみたときに、

イキイキとした自分なのか、
楽しそうな自分がイメージできるかが
ポイントです。



スポンサーリンク



あなたの「意志」が人生を創る!

2006年にブックオフの代表取締役に就任した
橋本真由美さんは、

「元専業主婦→パートのおばちゃん」から
約1万人を束ねる大企業のトップになりました。



パートから代表取締役ですよ・・。

毎日コツコツと
「どうしたらもっと見やすい売り場になるか」
「どうしたらもっと売れるか」
を追求し続けた結果です。



たとえコンビニで働こうが、
工場の流れ作業だろうが、
工事現場だろうが、
俳優でも芸人でも
「働く意識」しだいで未来は変わる
個人的には思います。



ただお金を稼ぐために仕事をする人と、
小さな仕事でも丁寧に、その道の、その店の
ナンバーワン(オンリーワン)を
目指して働いている人と、

あなたが上司ならどちらに仕事を頼みたいでしょう?



後者にはたくさんのチャンスが訪れ、
楽しくイキイキとした毎日が
待っていそうですよね?



まだわたしが独身の頃ですが、
近所にあるコンビニの
朝の時間帯にしかいない60代くらいの
女性の店員さんがいました。



若い頃の水前寺清子さんのような感じの方。



いつもメイクバッチリ、身なりを整えて、
とにかく清潔感があってテキパキとレジを
こなします。

元気なあいさつと爽やかさがとても感じが良くて素敵。



その方の素晴らしいところは、

「いつ行っても変わらない対応」

だというところです。



そして何かしらひと言添えてくれる。

自分の言葉で、その人に合った一言を。



その店員さんがお休みだとガッカリしている
自分がいます。

その店員さんとの時間て、ほんの1分程度
ですよね。



その短時間で相手の心を掴んでしまうんですよ。



「今日も頑張ろう~」なんて気にさせられていました。



あの時から10年は経ちますが、未だに忘れられません。



どこにでもあるコンビニのレジ係の店員さんが
なぜこんなにも人の心に残るのか。



それはあの店員さんの「仕事に対する思い」
なんだと思います。



お客様一人一人を笑顔で
元気に店から送り出そう。

お客様がすぐレジをすませて、
少しでも早く仕事へ行けるように。

作業は一つ一つ丁寧に心を込めて。

またご来店していただけるように。



きっとそんな思いでレジに立たれて
いたんだろうなと思います。



「笑顔だろうと無表情だろうと、時給は同じじゃないか!」

と思う方もいるかもしれません。



たしかに現実世界ではそうです。



ですが、人を喜ばせる人」は
目に見えない”貯金”、つまり徳を積んでいる
のです。



その”貯金”先は、神さま銀行です。

どうやってその貯金を下ろすか?



それは、

・ピンチのときになぜかうまくいった

・なぜかいつも運がいい

・願いがすんなりと叶った

・思いもよらないところから臨時収入が!

・仕事で思いもよらない出世をした



こういう形で神様が与えてくださるのです。



ご縁のあったお仕事をどんな気持ちでさせていただくのか?



それによって人生は良くも悪くも変わります。



あなたの「意志」しだいで人生はどうにでもなるし、
自分の人生を創るのはあなたなのです。



自分の行いは全部自分に返ってきます!

どんなお仕事も心を込めて丁寧に
こなしていると、
気が付けばあなたがその職場で
なくてはならない人に成長している
でしょう。



今日もお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
レンクタングル(大)
レンクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンクタングル(大)